子どもに不足しがちな栄養素

栄養学

子供の食事や生活のスタイルが変わったことが、子供の栄養不足の原因になっています。

そして、その子供達が大人になると、その影響から生活リズムが整わない状況になってしまいます。

女性は特に影響を受けやすいです。

では、現代の子供が食事だけでは不足しやすい栄養素には、何があると言われているのでしょう。

子供が必要としているけれど不足している栄養素は、鉄とカルシウムです。

カルシウムは骨や歯の主な成分であり、鉄は血液に必要な栄養素で、どちらも子どもにとっても大事なものです。

食品からカルシウムを摂取するためには、牛乳、大豆加工品、魚貝類などかおすすめです。

肉類、卵、豆腐類などが、鉄分を含有する食材です。何をすることで、子供が栄養に不足しない状態をつくれるでしょうか。

まずは、食事は1日3回きちんと食べさせることです。

夫婦ともにフルタイムで働いている家庭も一般的になり、子供に三度ご飯を出すことも難しいですが、やりくりしていきたいものです。

品物を吟味して、いい加工食品を使うという方法もあります。

料理の段取りや方法も工夫しながら、上手に手抜きをして栄養を補っていきたいものです。

おやつを食べることで、栄養不足をおぎなう子供もいます。果物や、蒸した芋、ミニおにぎりをおやつに出すことで、栄養を補給してもらうという方法もあります。

バランスの良い食生活を送るための参考となるのが、食事バランスガイドです。

年齢によって必要になる栄養素も変わります。

食事バランスガイドを見ながら食事メニューを考えていくのもやりやすいでしょう。

栄養が不足して、子供の健やかな発達に支障を来すということがないようにしましょう。

そして、大人になってからその影響が出ないようにすることを考えていきたいですね。

コメント

タイトルとURLをコピーしました