正しいストレッチ方法でお腹を引き締める

ストレッチ

わき腹のストレッチをすることで、お腹を効率的に引き締めることが可能です。

ところが上体を横にそらそうとすると、背骨を支えている骨盤の筋肉が動いてしまったり胸がねじれてしまったりして、お腹の筋肉だけをうまくストレッチすることは意外と難しいものです。

わき腹の筋肉である腹斜筋のストレッチをするためには、体をしっかりと真横にそらすことが大事になります。とはいえ、いざやってみると、案外と難しい運動であることが、実感できるのではないでしょうか。

誰でもすぐにできそうなストレッチですが、要領を覚えることが、大事になっています。意識しても動かすことが難しい筋肉ということは、ストレッチなしで日々を送っていれば、まず使うことはありません。

日々の活動の中でも使う筋肉ならば、ちょっと意識すればすぐに伸縮させることがでるものです。腹部は皮下脂肪が蓄積しやすい部分ですから、たまった脂肪を燃焼させるには、ストレッチの運動量も相応のものが求められるでしょう。

腹部に蓄積している筋肉を使うためには、どんな姿勢になることでわき腹の腹斜筋が使えるのかを把握することか大事です。

お腹まわりの筋肉の中でも特に、足の付け根や下腹部辺りは普段使われることがあまりないためたるみやすい場所といえます。

猫背は、お腹のたるみに大きく関係しているといいます。デスクワークをしていると、気づくと猫背になってしまっているという人もいるようです。

猫背にならないように気をつけているつもりでも、作業に打ち込んでいるとだんだんと猫背になったりします。猫背姿勢だとお腹がたるみやすいのは、背中をかがめていると、腹部を支える筋肉を使うことがほとんどないからだといいます。

お腹を引き締めるエクササイズを毎日続けることによって、腹部のたるみを解消するといいでしょう。

コメント

タイトルとURLをコピーしました