肌のたるみを予防するためには食生活の改善を

美容

外見が年をとって見えるかどうかは、皮膚がたるんでいることと、密接な関わりをもっています。

しかし、たるんだ皮膚をカムフラージュしようとして、メイクを濃くしていると、メイクが崩れやすくなります。

一旦しわやたるみができてから、肌を引き締め直すのは大変です。

肌の状態がいいうちに、たるみ対策を施しておくといいでしょう。しわやたるみを化粧で塗り固めるのではなく、すっぴんでも美しい素肌でいることが、お肌のためになると言われています。

毎日のお手入れでは、美容成分が含まれているスキンケア用品を使って、肌に栄養成分を補いましょう。

美容成分による肌ケアは、もちろん肌の健康を維持するために役立つ方法でもありますが、根本的な原因を取り除くことは出来ません。

糖と、たんぱく質とがつながると糖化が起きます。

糖化よって、皮膚は弾力を失うことが知られています。

糖化したことで老化してしまったたんぱく質は、代謝が滞り、肌がたるみやすくなるわけです。皮膚を糖化させないためには、砂糖を摂り過ぎないことが重要です。

食事の献立を考える時や、外食でメニューを見ている時は、糖化による皮膚のたるみを想定しながら考えていきましょう。

どんなものを食べるかは、GI値のことも考えるといいでしょう。

雑穀米や玄米などはGI値が低く、血糖値が上がりにくい食材です。

米などの体内で糖になる炭水化物は、野菜などの後に食べると、血糖値があがりにくくなりますので、肌のたるみの予防に役立ちます。

コメント

タイトルとURLをコピーしました